MENU

OUTLINE会社概要【会長挨拶】

英語は世界中で日常的に使われている言語、
グローバルな視野をもつバイリンガルな人材の育成が必至 株式会社キンダーキッズ 会長:ウェイン・キム (Wayne Kim)

「日本は現在、英語力全般において、他のアジア諸国に後れをとっています。

今まで長年にわたって、強い経済力を誇ってきた日本にとって、英語は趣味程度のものとしかとらえられてこず、文部科学省も英語教育に力を入れてきませんでした。現在の日本の英語教育を改革する必要があることは明らかでしょう。

日本は世界で考えてみても大きな負債を抱えており、人口も減少してきています。海外からの移民を除くと、2050年までに現在の人口の半分になるという予測もあります。他のアジア諸国との競争も激化していくことを考えると、グローバルな視野をもつバイリンガルな人材の育成が必至となってくるでしょう。

子どもたちが世界中の情報を自分の知識として身につけ、創造力や競争力を高めていくためには、それができるレベルの英語力が必要です。
日本の子どもたちには特に、英語は世界中で日常的に使われている事を知ってもらい、またそれをモチベーションにできるようにしてあげる必要があります。

キンダーキッズは常に、幼児教育のあらゆる分野において、より良い教育をお届けできるよう常に切磋琢磨し、システムを向上させていく所存です。

Your success is Our success子どもたちの将来の成功が、私たちの成功Wayne Kim